横浜でペット火葬なら「ペットの空」へどうぞ

フリーダイアル

コラム

合同火葬と個別火葬の違いについて

合同火葬と個別火葬の違いについてご説明いたします。

合同火葬

他のペットと一緒に火葬する方法です。
遺骨は返却されず、そのまま共同墓地などに埋葬されます。

個別火葬

1体ずつ個別の火葬炉で火葬する方法です。
遺骨は返却され、飼い主が供養することができます。

メリットとデメリット

合同火葬は、費用が安いというメリットがあります。
また、火葬の時間を短縮できるため、急にペットが亡くなった際も対応できます。
一方、遺骨が返却されず、供養の自由度が低いというデメリットがあります。

個別火葬は、遺骨が返却されるというメリットがあります。
また、火葬の立ち合いやお骨拾いができるため、ペットとの最後のお別れができます。
一方、費用が合同火葬よりも高いというデメリットがあります。

合同火葬と個別火葬のどちらを選ぶかは、飼い主の価値観や予算によって異なります。

合同火葬を選ぶ理由
  • ・費用を抑えたい
  • ・急にペットが亡くなった時の対応したい
  • ・遺骨を自宅に持ち帰りたくない
個別火葬を選ぶ理由
  • ・遺骨を自宅に持ち帰りたい
  • ・ペットとの最後のお別れをしっかりしたい
  • ・遺骨を供養したい
まとめ

ペットの火葬は、飼い主にとって大切な儀式です。
ご自身の考えに合った火葬方法を選び、ペットの最期をお見送りしましょう。


コラム・トップへ戻る

\ どうぞお気軽にご相談ください /
\どうぞお気軽にご相談ください/